ユニットバスの選び方

お風呂場のタイプは大きく分けて2種類です。
それは、床や壁、浴槽などを一から作り上げる在来工法と浴室内の設備が全てセットになっている規格品であるユニットバス(システムバス)です。
元々はユニットバスといえばトイレと一体になっており、在来工法のお風呂場より小さくあまり人気がありませんでしたが、現在は材質やタイプ、グレードなど種類が増え、多機能で工事もしやすいことから新しくお風呂を設置する、リフォームをするという場合の主流となっています。
そのため、このサイトではユニットバスについて特に詳しくご紹介していきたいと思います。
まず、お風呂のリフォームにかかる費用は以下の2つからなっています。
・ユニットバスなどの商品代金
・設置、解体などの工事費用
ユニットバスの商品代金は材質やグレード、オプションなどによって大きく変わってきます。
また、工事費用については上で触れたリフォーム前の浴室が在来工法かユニットバス化によって違いがあります。
ユニットバスからユニットバスへの工事は比較的簡単で、早ければ2〜3日で工事が完了することもあるようです。
工事費用も基本的にはユニットバスの解体、組み立て、配給水管の配管や電気工事だけなので35〜55万円程度が相場のようです。
それに対し、在来工法からユニットバスへのリフォームの場合は、まず今ある浴室の解体工事やユニットバスを入れるための大工工事、廃材の処理などが別途かかります。そのため工期は平均一週間以上、また費用はユニットバスの工事費にプラス7万円前後が余分にかかるようです。

御宅のお風呂は在来工法ですか?ユニットバスですか?

一口にユニットバスといっても、価格や特徴は様々です。 一般的なユニットバスの材質は4種類あり、その材質やグレードによってユニット自体の価格が大きく異なります。 また、それぞれの材質には利点、欠点があるものです。 ここでは、4種類の材質ごとの特徴と相場をまとめてみました。

お手頃なリフォームいろいろ

ユニットバスを新しくしてしまえばもちろん最新理想的なお風呂になることは当然ですが、お風呂のリフォームは何も丸ごと取り換えるものだけではありません。 壊れた箇所や、治したいところだけを部分的に回収することも可能です。 予算や希望、現在お使いのお風呂の状態に合わせてできる部分的なリフォームをあげてみました。

お風呂リフォームで失敗しないためには

部分的な改修工事から、ユニットバスなどお風呂場全体のリフォームまで内容は様々ですが、時間もお金もそれなりにかかる大きな買い物ですよね。 ここでは、ご希望に沿ったより良いリフォームをしていただくために注意しておきたいことや、場合によっては受けられる補助制度などについて触れておきます。