お風呂リフォーム、工事内容と相場を知ろう!

>

御宅のお風呂は在来工法ですか?ユニットバスですか?

コスパ最高なユニットバス

FRP製浴槽や人工大理石浴槽は比較的安価で自由度の高いユニットバスだといえます。
それぞれのメリット、デメリット、相場は以下の通りです。
・FRP製浴槽(ガラス繊維強化プラスチック) 80〜130万円程度(工事費込み)
 樹脂製でサビや腐敗に強く、塗装や部分的なつぎ足し、補修などが可能でメンテナンスがしやすい。
 加工がしやすいので種類が豊富で購入時の価格もお手頃。
 軽くて扱いやすいので上層階にも設置できる。
 高級感、上質感にややかける
・人工大理石製浴槽 70〜250万円程度(工事費込み)
 カラーやデザインが豊富で、高機能、ハイグレードの商品まである。
 表面が滑らかなので汚れが入り込みにくくお手入れが楽。
 手頃な価格から揃うのに見た目に高級感がある
 FRP製に比べて傷つきやすく、洗剤の種類やたわしなどで傷つき補修では風合いが戻らない場合がある。
 

憧れの高級ユニットバス

艶やかなホウロウや、憧れの檜風呂などもユニットバスで楽しむことができます。
・鋳物ホウロウ製浴槽 110〜150万円程度(工事費込み)
 保温性に優れているので、体が早く温まり、追い炊きが少なくてすみ経済的。
 表面がガラス質で覆われているので耐久性が高く、輝きが持続する。
 カラーバリエーションが多く、希望の色が見つけやすい。
 耐久性に優れているが、ガラス層が破損すると部分的に修理することができず問題が発生しやすい。
 重量があるので、高層階に設置する場合などは土台の補強や新設が必要な場合がある。
・檜製浴槽 235〜270万円程度(工事費込み)
 香りが高く保温性に優れており、贅沢な気分を楽しめる。
 最近は高機能な加工を施した浴槽も多く出ており、掃除の手間などがかからない。
 高価で種類が少なく、取り扱っている業者が限られる。
 加工の甘い浴槽は滑りや黒ずみなどを生じ、手入れに手間がかかる。


この記事をシェアする